携帯サイトをみる


@手を合わせなくても幸せに暮らす人。
A一生懸命に手を合わせているのに度々災難等に遭う人



@はご先祖様に信心深く 善業を積まれている方がおられるからです。その功徳を積まれた方にはあたたかい日光があたり その後には影が映り その影が私たちです。
しかし同じ事をやってもやっても A の人たちがいますが それは拝み方にあります。

そういう方はお気軽に以下から「ご相談」を選択し、備考欄へ相談内容(無料)をご記入の上送信してください。無料相談窓口からお気軽にどうぞ。らお気軽にどうぞ。


※ご先祖様を敬いましょう。
現世にいる私達の楽しみは、美味しいもの食べたり、娯楽したりといったものですが、ご先祖様や忘れ去られたご先祖霊の一番の楽しみは、なによりもお供養であり、ただひたすら楽しみにして待ち望んでいる!と問いかけておられます。これをゴサイソクといいます。これに子孫として早く気付いてお供養することで自分達もまた厄災等からも救われ、無視すれば自分達もまた無視され、苦しく寂しいご先祖様と同じ苦しみ、同じ寂しさ同じ立場へと引き込まれかねません。目上にたいして敬う気持ち、慰めるお供養をすることが、ご先祖様への最高の施しでございます。今日の我々を在らしめました御先祖様をご回向(お供養) なさいます様お奨めいたします。


これをゴサイソクといいます。
これに子孫として早く気付いてお供養することで自分達もまた厄災等からも救われ、無視すれば自分達もまた無視されあの世の方々と同じ立場、同じ苦しみ、同じ場所へと引き込まれかねません。目上にたいして敬う気持ち、慰めるお供養をすることが、ご先祖様への最高のお土産物でございます。



今日の我々を在らしめました御先祖様をご回向 ( お供養 ) なさいます様お奨めいたします。


※お供養料金:五千円『先祖+水子+屋敷神(所有地のみ)』全部込みです。

※一願成就(施主名と願い事を一つだけ記入ください)施主名は例えば病気の方本人です。

※また 申し込まれた方の祈願内容を記入した木塔婆を
  お供養日の前日までに写真にとりメールに添付しお見せ致します。


※郵送かこちらから必要事項( 住所・施主名=ご本人名前 )等を記入し 送信されますようお願いします。


※お供養に関するご質問等はこちらからお願いします。


第 3 日曜日

午前10時30分

『先祖+水子+屋敷神(所有地のみ)』


 天魔・病魔・人魔等の原因(怨敵)を降伏退散。

 その他すべてに。


 ※7月お盆(7/14)・8月お盆(8/14)

・春のお彼岸(3/20又は3/21)

・秋のお彼岸(9/23)

・※何れも、お中日にお供養致します。

※また 申し込まれた方の祈願内容を記入した木塔婆を
 お供養日の前日までに写真にとりメールに添付しお見せ致します。